Tシャツとプリントについて | 花火を愛するTシャツ屋 花火沼ほんぽ 

2021/03/08 22:02

こんにちは。

ご来店、またはちょっと覗いてみただけの方も有難うございます。

本日のお題そのいち。
「Tシャツについて」です。

当店では、ほとんどのTシャツにUnited Athle というメーカーの5.6オンスTシャツを使用しております。
(両面プリントTシャツにはUnited Athleの5,0オンス、ユニバーサルフィットTシャツを使用)
私は、面白いデザインのTシャツが好きでよく購入するのですが、
こちらのメーカーさんのTシャツに出くわすことが多く、
もう10年以上着ているTシャツもあります。
あ、10年間ずっと着たままじゃないですよ、それは臭くて嫌です。
夏場だけですけどもね。

夏は気に入ったTシャツを、3,4日ごとのローテーションで、
洗濯も特に気を遣うことも無く着ています。
(一応、ネットには入れて洗います。)
洗剤はやっすいやつ、洗濯機に至っては25年も使い続け、
先日とうとう天寿を全うさせたような洗濯機でした。
柔軟剤も無し。

こんな状態でも、でろんでろんにならずに居てくれています。
さすがに色はあせてはきましたが・・・
他のメーカーさんのTシャツでも、5,6オンスくらいのしっかりとした生地ですと、
やはり長持ちするようです。
両面Tシャツに使用している5.0 オンスTシャツはやや薄めのミディアムウェイトになりますが、
それでもしっかりとして襟元も洗ってぺろーんとなりにくい製品です。

せっかくお金を払って買っていただくのですから、
洗ってすぐにぺろんぺろんになってしまうTシャツは避けたかった。
パジャマかわりでも何でも、出来るだけ長く着ていただければ。
てなわけで、こちらのTシャツを使用することにいたしました。

お題そのに。
「プリントについて」

当店では、Tシャツの色やデザインによってプリント方法を変えています。
お値段を見て気付いた方がいらっしゃるかもしれませんが、
薄い色のTシャツはお値段を安めにしています。
(大きめサイズはTシャツ自体の単価が高いのでちょっと高めです。
ご了承ください。)

安いからといって、質が悪いのか。ということではありません。
Tシャツ自体はどちらも上に書いた同じものを使用しています。


この写真はプリント面のアップになりますが、塗料がしっかりと生地になじんでいるような、
しっとりとした出来上がりになっています。

ただ、こちらのプリント方法ですと、Tシャツの色の影響が出やすいので、

このように、薄めの青い色の部分は下の色がわずかに入ってしまいます。
それでもデザイン、質ともにそこまで損なわない、出来るだけお手頃価格で買っていただきたい。
という理由でこちらのプリント方法を使った商品は、
少しお安く販売させていただいております。

色の濃いTシャツの場合は、プリント部分がくっきりと見える仕上がりになっています。
こちらは光沢のあるプリント。

下の写真で白く見えるのは反射してしまっているためです。
上の写真とはプリント方法が異なりますが、とてもはっきりしています。


ちょっとお値段高めなのですが、その分色がしっかりとプリントされ、
私も家で何度か洗濯してみても、今のところ特に変わったことも無く使用しています。

このように、商品によってプリント方法が異なるのでお手入れ方法も変わります。
各商品ページにございますので、ご一読いただければと思います。

他のお店のTシャツなども共通して言えるのは、「プリント面を裏返してネットに入れて洗う」。
のが長持ちのポイントです。
ちょっとめんどくさいかもしれませんが、よろしくお願いいたします。

あ、上記は個人の感想です。10年以上持つことを保証するものではありません。
と、どこかで見たような文句ですが・・・
ただ、しっかりとしたTシャツであることは自分で使用した上で
感じましたので紹介させていただきました。

もし、お手入れ方法を守っていたにもか関わらず、あまりにも早くプリント面が剥がれてしまった。
などございましたら、お問い合わせください。

これからもお客様のご予算やお好みに応じて選べるよう、
新色や新商品を増やしていきたいと思います。